2007年02月20日

昼下がりのひととき。

シドニーで武器屋さんとお茶でもしながら武器を作ってもらおうかなとIN。
あれ?ニューマンのテントはなんか騒がしい気配。奪還戦です。
でもライトアーマーしかハンガーに入ってないのと、花火が装備されていないので、ここはひとつセイバーフィッシュでコッソリ逝ってみることにします。

昼なおくらいNM.JPG


MS隊は搭乗開始後すぐに進発を開始しているので、反対方向からの侵入を試みます。
占領戦開始のゴングが鳴ってICFの位置がはっきり見えるようになりました。
その光の柱をたよりに、占領戦が開始してすぐに、ひとつのICFに近づいてみますが、あっさりとゲルググな方にLOCK ONされてしまいます。
崖下にロールして回り込んで、LOCK ONをはずします。さすがに昼一番は人数が少ないようで、追いかけてまで撃破には来ないようです。
確認できなかったけれど、単機で監視作業なのかな?他のICFも回ってみて、まずは単機ではりついているジオン兵の気をひいたりしてみます。

おかえしできるかな.JPG


私がいたのは奥まった位置のICFで、そこにまで友軍が一気に来ているので、これはいけるかも。
占拠を開始している、他の拠点の占拠パーセンテージが読み上げられていきます。他の拠点を防衛していたジオン兵を、友軍と一緒に倒したあとに、最初に近づいたICFに戻ると、友軍に囲まれたゲルググを発見。これは、仕返しのチャーンス!
Tank/Fighter machine gunでタカタカタカと弾を撃ちこんでいきます。ダメージがたまってきたのか拠点から逃げてくれたものの、なかなか倒れてくれません。
しかし、ハンガー前に向かっていったので、待ち受けていた友軍によってトドメをさされる形になりました。
その他のジオン兵もハンガー付近で抵抗を見せますが、占拠した拠点からハンガー付近に戻ってきた友軍につぎつぎに各個撃破されていきます。

占拠完了NM.JPG


周辺でまだ抵抗をみせるジオン兵がいるとのことで、占拠できてない最後の拠点に向かいます。
あとひとつ。占拠のパーセンテージももう少しです。
敵機が断崖の下に落ちていったその時、占拠完了の知らせが全軍に届きました。

またもニューマンは連邦領に。
めまぐるしく変わりますねえ。多分また夜中や明け方くらいには占領者は変わってしまうのでしょうけれど。
さてと、急いでリッチモンドの防衛戦にまわらなければなりません。
こうなってくると、シドニーの武器屋さんとのお茶の時間……間に合わないですねえw
あとでEX花火のオーダーをメールしておこっと。

posted by Calcifer at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | UCGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック